ふーちばーのお花

ふーちばーとは。
沖縄の言葉で「よもぎ」です。

沖縄の人はこの「ふーちばー」をよく食べます。
沖縄そばにいれたり、沖縄の炊き込み御飯「じゅーしー」に乗っけたり。

スイーツ?というの?
おもちのようなものに入れたり、ドリンクがあったり。
いろいろな場面で登場します。

わたしも、「ふーちばー」大好き!
パクチーも同様に好きなのですが、入れるとなったら山盛り入れたい派です。

そんな「ふーちばー」にお花がさきました。

今まで、あまり気づかなかった。

地下茎で増えていくのかと思っていたけど、
種もあるのね。

プチプチとした、白いお花。

シソの実のように、しょうゆ漬けなどにしたら美味しいかもしれない・・・


そんな「ふーちばー」の花言葉は、幸福。平和。平穏。


雑草のようなに強い「ふーちばー」にそんな優しさが。
もっともっと、大事にしていかなければならないものかも知れませんね。

また、会える楽しみ

【Happyを染めこむフクギ染めWS】は

よんな〜ファームのフクギを使って、草木染めを体験して頂くワークショップです。

フクギは沖縄では防風林として植えられる、強さとしなやかさを併せ持つ樹木。

楕円のような、丸い葉っぱが特徴的。

「備瀬のフクギ並木」など、昔懐かしい景観を持つ風景が有名です。

そんなフクギで草木染めをすると、パッと明るい黄色を染めこむことができます🌟

フクギの福を頂くような、ビタミンカラー!

そんなフクギ染め、実際使って頂いているのを見るのもうれしいものです。

再会した靴下。

写真を送って頂いた靴下。

何枚かあるので、紹介させて頂きますね。

ほんわかとした、ふみちゃんの足元には、ヤギの姿が!

このラグ、欲しくなっちゃいます♡

ふみちゃんはとっても不思議な模様の布巾も作っていきました。

エネルギッシュかつストーンズファンのはなちゃんは、フクギ染めの中に近衛兵💂‍♀️があしらわれて。

今にも踊り出しそう。

フクギの花言葉は、「幸運が訪れる」

あなたにも、幸運が訪れますように。

【Happyを染めこむフクギ染めWS】

シルク靴下、綿フキン からお選び頂けます。
染めたものはその日にお持ち帰り頂けます。

季節のスムージー付き

料金:綿フキン  3000円
   シルク靴下 4000円
所要時間:約2時間

お気軽にお問い合わせください🌟

【呼吸の時間】アボカドの話

You Tube 【呼吸の時間】でアボカドを種から芽を出させる話をしました。

種が捨てられません。
自分が食べたフルーツの種も、ついつい、とっておいて、蒔いてみます。

アボカドもそう。


こういった、水につけておくやり方がポピュラーですが、
わたしの場合は、土に植えておく方が芽を出しやすいみたい。

ぴょこん。
にょきにょき。

【呼吸の時間】は、楽しく呼吸を習慣化したい!と
始めたYou Tube動画です。

チャンネル登録して頂けますと新しい動画をUPした時に
お知らせが届きます。
よかったら、チャンネル登録お願いします!

Yonna Nao【呼吸の時間】はこちらから

https://www.youtube.com/channel/UCXuEcbVDKEYf4L6Jj3rlHog?view_as=subscriber

ミツバチの恵みで作るリップクリーム

よんな〜ファームには、蜂たちも暮らしています。
ミツバチたちです。

今年の春の沖縄は、雨が多く、「蜂蜜が不作」と言われているようです。

世界的にも蜜蜂たちにとっては余り恵まれた年ではなかったみたい。

沖縄は特に、蜜をとるためだけではなく、
冬の間、県外の農家さんが受粉のために蜂を買うので養蜂をする人が増え、
蜂の行動範囲がバッティングしてしまうような、そんな現象も起きて、不作の原因となっているようです。


幸い、よんな〜ファーム(うち)は、山の中。
お隣も見えないくらいの場所なので、たくさんではありませんが、充分、と思える程の蜂蜜を採ることができました。

シロバナセンダン草(サシグサ)、グァバなどが主な蜜源と思われます。
さっぱりとした、お味。

一匹の蜜蜂が運ぶことができる蜜は、ほんのわずか。
そのおすそ分けを頂くわたしたち。

ありがたいことです。

そして、蜂蜜の副産物である、蜜蝋。

蜜蝋は蜂が美しい、六角形の巣を作る時に、その材料として分泌する、天然のロウです。

主成分はワックスエステル。
保湿力と柔軟効果に優れた成分で、人間の皮脂中にも存在するため、大変肌になじみやすいのです。

また、この蜜蝋で作ったロウソクは、空気を浄化する、と言われています。


この蜜蝋も貴重な、蜂さんたちのお仕事の賜物ですね。

この、蜜蝋を使って冬の必需品・リップクリームを作るワークショップを神奈川県川崎市で行います!

ナチュラルで、とっても贅沢なリップクリーム。
滑らかで、しっとりと唇を守ってくれます。

当日は、蜜蜂の飼育や蜂蜜のお話、
そして今年とれたての蜂蜜の試食もして頂けます。

詳細・ご予約は https://peatix.com/event/1318429


ご参加、お待ちしております🐝

沖縄の蜜蜂がくれた、蜜蝋で作るリップクリーム ワークショップ

☆日時:10月20日(日)13:00〜15:00
☆場所:JR・京急川崎駅より徒歩約10分 アトリエ101
☆料金:3500円(からだにやさしいおやつ付き)

詳細・ご予約は https://peatix.com/event/1318429
もしくは メールにて → nao@yonna.okinawa

ヘチマの美味しい食べ方

ヘチマは沖縄でよく食べられる食材のひとつです。
この夏、よんな〜ファームでもヘチマがよくとれました。
ヘチマは、沖縄の言葉で「なーべらー」。

県外の方には「ヘチマのたわし」とか「ヘチマ水(ローション)」などの
イメージの方が強いようですが、立派な食材です。

「うぶさー」と呼ばれる、・・・
なんと表現したらいいんだろう?
煮込み、のようなもの、

茄子との味噌炒めなど・・・

それも美味しいのですけど、

この夏、はまったのは、
「なーべらーの麻婆豆腐」です。


普通に麻婆豆腐 / 麻婆茄子を作る手順の中に
皮を剥いて、賽の目に刻んだヘチマを入れるだけ。

豆腐も茄子も、贅沢にいれます。

ジューシーで食感もよく、いいアクセントになってくれます。


わたしのこだわりは、というと、山椒をしっかりと入れること!



ぜひ、ヘチマを手に入れられましたらお試しくださいね🌟