調子の悪い時は おなか編

週末は関東へ行ってきました。

5月というのにカンカンに晴れ、でも、外にいなければならなくて。
すっかり調子を崩してしまいました。

翌朝、起きてからは猛烈な吐き気。
お腹がでんぐり返ってしまったかのようでした。

 

そんな時。
必ず飲むのはカモミールティ。

温かいカモミールティを少しずつ、とっていきます。
すると、起き上がれないくらい辛かったのが、お昼過ぎには笑顔で話せるようになりました。

 

そんな風にお腹の調子が悪い時、カモミールティをとるようになったのは
ヨーロッパに住んでいる時からです。

やはり暑さか疲れか、調子を崩し、気持ち悪くてお腹はでんぐり返し。
耐えきれず、ルームメイトに薬を持っていないか、聞きました。

すると、「薬よりこれがいいよ〜」と
カモミールティをいれてくれたのです。

カモミールには消炎作用、鎮静作用があります。
ヨーロッパでは昔からカモミールティを飲んで休んでおく、というのが一番の解決策、とのこと。

 

今回も、その効果を改めて実感しました🍀
お腹の調子が悪い時はカモミールティ♪
お試しくださいね。

 

「ハーブのちから」より
カモミールには体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があり、腹痛や胃痙攣、女性の生理痛などを和らげる効能があります。
また、カモミールに含まれるアズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復して丈夫にし、消化機能を正常な状態に整えてくれます。過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレスからくる症状にもとても効果的です。