かみさまとのやくそく 上映会


昔からヒトは自分たちを他の動物とは違う、特別なものと信じていました。

進化論以前、ヒトは神様がヒトを作ったと信じ、進化論以降もどこか生物的に優れているところがあるはず、と信じて、探って。

だけども、近年の遺伝学を含む生物学の発展、ヒトゲノム解析によってヒトは生物として特殊ではなく、それほど特別な存在でもないことが分かってきました。

むしろ、遺伝子数でみると他の動物より少なかったり。

*2004年10月21日付英科学誌「ネイチャー」によると、推定値は2万1787個(個人差はありますが、これはウニのような小動物と同等)

これほど少ない遺伝子からヒトの複雑な体や脳が構築されているという事実は、生物学者に驚愕と狼狽を与えました。

 

ともかく。
動物もヒトもそんなに違わないはずなのに。
ヒトだけは、
その人生に意味や価値を見出そうとする。
その中で一喜一憂する。
あなたのうちのワンコ、ニャンコはそんなことを考えながら生きてるのかしら・・?
そこがヒトの不思議なところ。

 

コウ先生こと仲宗根康さんは体外受精の胚培養士として、そんなヒトの誕生の過程に関わってきた人。
ヒトがヒトになる瞬間、なれない瞬間を見つめてきた人。

 

そのコウ先生が語る、胎内記憶とは?
ヒトは何故生まれてくるの?その目的、役割は?
そんなことが明らかになるかはわからないけれど。

なかなか普段、知り得ないようなこと、細胞レベルのヒトの話を、映画「かみさまとのやくそく」と絡めてお話してくださいますよー。(たぶん。。)

 

他の話になるかもしれないけれど、単純にコウ先生の話は面白く、
楽しめるのはまちがいない!
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 
母であるあなたに、父であるあなたに、そして誰かの子どもであるあなたに。

9月9日(日)
映画:かみさまとのやくそく上映会 & コウ先生のお話会
IN 川崎(神奈川県)

  • 第1部/12:30開場 13:00-14:40上映会 14:50-16:00お話会
  • 第2部/16:30開場 17:00-18:40上映会 18:50-20:00お話会

『かみさまとのやくそく』上映会と仲宗根コウ先生お話会♪