山の梅仕事

はじめての梅仕事ワークショップ、無事終了しました。
遠くまで来て頂き、ありがとうございました!
山の中でびっくりしたでしょう。

ご参加の方は、そろそろ梅酢も上がってきたのではないでしょうか。
お渡ししたもみ紫蘇を、ぜひ投入してみてくださいね。

こんな風に、赤く染まっていくはず〜。

今回は梅を塩漬けにするまで、

赤紫蘇を入れる手順、と、分けてご紹介しました。

 
わたしも大好きな、赤紫蘇が
紫色からパッと鮮やかな赤に変わる瞬間!

おおー、となりましたね!
 
梅仕事の醍醐味です♪

梅仕事ははじめてしまうと案外簡単。
ゆんたくしながら、みんなで手を動かせば、あっという間の時間。

 
今回参加された方には
この梅仕事、また来年も、再来年も、と続けていって
「いつものこと」になってもらえれば幸いです。
 

 

 

トマトをたくさんもらったら

日に日に暑くなる沖縄です!
 
と、はじめた途端、台風接近。
植物の鉢が飛ばないように動かしたり、
山羊を移動させたり、準備万端です。
 

ところで。
この季節、お野菜を頂くことが多いです。
ゴーヤー、モーイー、ナーベラー、シブイーと・・・
沖縄県外の方は、なんのこと?となりますよね。
モーイーは赤い瓜なのですが、中はきゅうりのような。
ナーベラーはへちま、シブイーは冬瓜です。
 
先日は、ユウガオも頂いて、おいしくいただきました

 
そんな中で、
なかなか日持ちしないのがトマト
  
それなのに、あちこちでもらって、
集まってきてしまったりすることがありますよね。
大好きなトマト、無駄にしたくなーい!
  
   
そんな時、作るのがトマトソース。

簡単で、おいしく、保存もきくので夏の間に何度も作ります。
 
トマトは熱を加えると旨味が増します。 
作りおきしておけば、
「疲れてもうご飯作りたくなーい!」
「暑くて何もしたくなーい!」
という時も、サッとパスタに和えたり、
スープにしたりで食べることができます。
変なものを食べちゃうよりいいですよね。
  
 
わたしは玉ねぎ、にんにくと一緒に炒めて作りますが、
「塩をきかせること」
これが、ポイントです。

 
 
同じく、野菜のピクルスも作ります。
 

 
きゅうり、玉ねぎ、
トマトやゴーヤー、パプリカも美味しいですよね♪ 
あ、食べきれなさそう!というときは、みんな漬けちゃいます。
  
 
こちらも保存がきくし、あと一品、という時に便利です。
さっぱりとしているので、食欲のない時にもオススメです。 

  
パンにピクルスを乗せて、更にチーズをトッピング。
トーストして食べるのも、なかなかおいしいんですよ!
 

 

夏を乗り切る知恵。
そんなゆんたくしながら、梅仕事するワークショップも予定しています。
美味しい梅干しと一緒に、美味しい知恵も持って帰りませんか

 
 
詳細は下記の通りです!
☆はじめての梅干し仕事 ワークショップ☆
日時:6/24(日)13:00~
場所:沖縄県国頭郡今帰仁村 アトリエ nakijin farm
   詳しい場所は予約後にご連絡致します。
参加費 :2,000円 
                  南高梅500gをお持ち帰り頂けます。
ご参加は メールにて → nao@yonna.okinawa
 
お待ちしております! 
 

 

梅仕事の季節です

久しぶりに東京へ。
講座、勉強会などありましたが、
いつもバタバタとんぼ帰りでしたので、
ひさびさにゆっくりと過ごせました。
 
「しその実をとるぞー!」と意気込んでいったものの、
しそはまだ、ちょこっと芽を出しただけでした!
なんだか季節感、鈍ってる!
 
その代わり、たくさんのドクダミの花と葉っぱ、
どーんとかまえた樹齢40年の梅の木から、まるまるとした梅を。
脚立に乗ってとれるくらい、ちょこっと頂いてきました。

 
しその実は、また今度かな。。 
 

置いていったブルーベリーもたわわん、と実をつけて。
植物の強さ、
そして、欲しいものがそこにある気持ち良さを味わったのでした。
(コンビニではなく、ドクダミね(笑))

 
ところで、南高梅がやってきますーーー!


 
ふくふくふっくら南高梅。
梅干しにぴったりな南高梅。
 
  
こちらで梅仕事を一緒に楽しみませんか?
南高梅で梅の下処理から本漬け(塩漬け)までを。
そして、既にわたしが本漬けを済ませている梅(畑で今年とれた梅です)で、
赤紫蘇の漬け込みを体験して頂きます。
 
お土産は本漬けした南高梅500g✨
 
 
梅干しはお弁当に、普段の食事に大活躍。
塩漬けのうれしい副産物、梅酢はあつーい夏を乗り切るドリンクとして上等です!
 
 
詳細は下記の通りです。 
☆はじめての梅干し仕事 ワークショップ☆
日時:6/24(日)13:00~
場所:沖縄県国頭郡今帰仁村 アトリエ nakijin farm
   詳しい場所は予約後にご連絡致します。
参加費 :2,000円 
                  南高梅500gをお持ち帰り頂けます。
ご参加は メールにて → nao@yonna.okinawa
 
お待ちしております!

わがやの動物を紹介します

書きたいことは沢山あったのだけど、
2月の三連休、東京での勉強会から帰ってきた途端、
我が家のヤギが出産する、という出来事があり、バタバタとしてしまっていたのでした。

 
ヤギー?
と思われそうですが・・・

  
はい、ヤギ、飼っています!

そして、その他には〜?と聞かれがちなので。
我が家の動物たちを紹介しちゃいますね。
 
 

まず、山羊。
今回生まれた3匹の子ヤギたちのお母さん。
さっぱりした顔をしながらも、なかなかのわがままっこ。
 

3匹の子ヤギたち。
まもなく生後2週間。
すでに、飛んだり跳ねたり。
動物の成長はビックリするほど早いです!

 

オカメインコ。
気品のあるお姉さん。
インコと言いますが、実はオウムの仲間。
まだまだ謎が深いのです。

 
黒犬。
首のまわりが白いので、「ツキノワグマ」とも呼ばれています。
気がよくって、いつもHappyを振りまいてくれます。
山羊にはよく頭突きされてるかも。

 
ベタたち。

 
何もしないけど、
見ているだけで時間が過ぎていく。
癒しなのです。

 
 

みんなそれぞれ違って、いいんじゃない〜という感じで、
楽しくやっています♪
 
 

元々、動物も鳥も虫も、生き物が好きで、
今まで飼ってきたのは

犬、猫、セキセイインコ、ジュウシマツ、カナリヤ、うさぎ、ニワトリなどなど・・
親とはぐれたコウモリなども保護してましたね。

 
そんなこともあって、今欲しいのは、
うずら、ニワトリ、烏骨鶏のような、鳥たち。

 
平飼いの卵をとる、ということも気になるけど、
あの、飛べないのに強気な態度・・・
それが懐かしいな〜と思うのです。

そんな、ヤギのいるアトリエでYogaクラスも開催しています。
ぜひ、スケジュールをチェックくださいね。

お味噌と秘密兵器

沖縄もまだまだ寒い。

最近は十五夜味噌ばかり話題にしていましたが、
週末はさらに冷え込む予定、と聞いて、
やはり、今年も手前味噌を仕込むことにしました。
 

大豆を柔らかく煮て・・・

つぶして・・・

しっかりと塩と麹と合わせて
味噌玉を作ります。

そして、ぎゅ、ぎゅ、と
詰め込みます。

と、ここまではいつも通り。

 
今年は更に秘密兵器を
 
 
仕込んだお味噌の上に、ひとつ、乗せました。


 
抹茶味のクッキーのよう?
 
 
いえいえ。
ワサビの固まりです。
 
 
去年、沖縄にきて作ったお味噌は、
沖縄の湿気のせいか〜温度のせいか〜
かなり、カビが進んでしまいました。
 
それで、早めに食べてしまったのです。 

 

「うちなーんちゅは、どうしてるんだろう?」
 
その疑問に答えてくれたのが
お友だちを通じて知り合った首里の方。
 
首里は、沖縄の中でも麹屋さんがあったり、
お味噌作りが盛んなのだそう。
 
どんな風にしているのか、聞いてみると
「わたしは、コレ」と、教えてくれたのが練りワサビ。
  
  
練りワサビの固まりを置くのだそうです。
 
  
しかも、このワサビ、お味噌の保存に使うだけでなく、
拭き掃除にも使っている、とか。
 
  
拭き掃除にもー!? 
目からウロコ。
  
 
確かに、ワサビは薬味として、腐敗を防ぐため、菌を繁殖させないため、使われます。
ですから、理にかなっているのかも。

 
 ただ、麹菌にも強い可能性はあります。
でもね、カビの方がイヤですもんね。

 

お味噌に練りワサビ。
これが吉と出るか、凶と出るか。
楽しみです。
しばらく、観察してみようと思います。