干し柿をもらったら

冬が去ってしまう前に、干し柿のお話です。

干し柿。
干し柿は柿の実を乾燥させたもので、
柿の糖分が存分に出て、甘くなったものです。
ドライフルーツ、と言えるのかなぁ。

わたしは、この自然の甘さが大好き。

ですが、沖縄では、あまり食べないようです。

なので、「干し柿、もらったからあげるわよ」と
度々もらうことがあります。

 

そのまま食べても美味しいのですが、
お料理にも使ったりします。

例えば、なます。

お正月に食べる、大根と人参の、
色鮮やかな紅白の酢漬けなんですが、
シャキシャキとした歯ごたえが好きで、
大根が出ている間は何回も作ってしまいます。

作り方は、いたってシンプル。
細切りにした大根と人参を塩で軽くもんで、
お酢と砂糖で味付け。
好みにあわせてちょっぴりお醤油。

ですが、このお砂糖を干し柿を刻んだものに置き換えます。

すると、やさしい甘みの酢漬けに生まれ変わります。
干し柿の糖度は砂糖の1.5倍とか。

なので、少しでいいんです。
残れば、食べても、冷凍して、次に使ってもいいですしね。

その他、サラダのドレッシングとしたり、ヨーグルトとトッピングにしたり、
砂糖のかわり、と思うと色々なところで使えますね。

ぜひ、お試しを☆

 
 
 
 

 

 
こんな食いしん坊なわたしですが、
3月17日は念願叶って、「インド料理のおうちごはん」イベントをさせて頂きます!
ワンコインでインドごはんが食べれて、
しかも、そのインドごはんはスパイスを贅沢に使った無添加ごはん!

ご興味ある方は、ぜひ、こちらをチェックしてみてくださいね。

SitaBazaar Pop Up Store in OKINAWA

お申し込みは nao@yonna.okinawa でも受け付けています♡