茜染め

ふんどし。
ふんどしパンツ略してふんパン。

締め付けのある下着が苦手で。
いろいろ使ってきました。

でもね。
やっぱり、楽でありつつ、かわいいものが好き。

 
その、かわいいと着やすいのバランスのよい、quilin-underwareで、
自分で染めるセットをみつけました。
生成りのランジェリーを茜で染めるのです。
おうちで茜をグツグツ煮出し、染めていきます。

 

草木染めは肌に優しく、
着ていると
昔の人は色のためだけではなく、草や木の効能を衣服に染め入れていたんだ、ということが分かります。
草木の、自然の効能を十分にとり入れるため。
だから、「服用」と言ったんですね。

 
写真は4回ほど染め重ねた茜の色。
「赤」といえば「赤」だけど、ちょっと朱色。
やさしい染め上がりで。

自分で着るもの、身につけるもの、
もっと染められるようになれば、素敵ですね。