アジアンキッチン サイルーン

読谷のタイ・ベトナム料理さん、サイルーンへ行ってきました。

サイルーンとは、タイの言葉で「虹」という意味だそうです。

カレーペーストから手作りで。

カラダがよろこぶ料理を、をモットーに、沖縄県産の食材やハーブを使ったタイ料理を出されています。

読谷で通っている美容師さんのオススメで、今回は、沖縄そばの麺とレッドカレーのスープを合わせたカオ・ソーイと、パクチーたっぷりのフォーを頂きました。

カオ・ソーイは、スープの赤さから思ったより、マイルド。

辛いのが得意、という訳ではないわたしもおいしく食べれます。

麺がとっても面白くて、通常のツルツルとした沖縄そばの上に、沖縄そばを揚げた麺がトッピングされています。沖縄そばの揚げ麺なんて、初めて!

パリパリ?バリバリ?とした食感がたまりません。

フォーも、あっさりとしたスープにもちもちとしたお米の麺、パクチーこんもりにチキンと、何度も食べたくなるお味でした。

ランチメニューは、他にもカレーやガパオなどあって、ぜーんぶ制覇したくなっちゃいます!

そして、更によいのは

お店に流れる、やさしいボブ・マーリーの声。

Jamming ,Jamming,

I wanna jamming with you ♪

しばらく、読谷に行った時は通ってしまいそうです。



アジアンキッチン サイルーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です